ゆきのしろ TOP  >  スポンサー広告 >  イベント >  劇場版あの花『めんまの全国舞台挨拶旅〜新潟編〜』感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場版あの花『めんまの全国舞台挨拶旅〜新潟編〜』感想


130904_213058.jpg

劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(長ッ!!)見てきました~
しかも舞台挨拶までも!!チケットとってくれた友人に感謝です。


映画は普通に総集篇ものでした。
めんまがいなくなって1年後のはなし、
みんなそれぞれめんまのことを思い出してしんみりって感じでした。

みんなの回想の中でも超平和バスターズの小学生時代のはなし、
めんまが仲間に入ったきっかけが新しく追加されていました。

ノケモンとめんまは同じという会話はとてもウルッときました。
じんたんの返しがイケメンすぎ、こりゃモテるわ。

かくれんぼのエピソードもね・・・
めんまがじんたんに手を引かれているときに頬を染めている表情がもう!!
なんでめんま死んじゃったんだろうねって思って涙でぐちょぐちょ

1年後のみんなはそれぞれ大人になってました。
ゆきあつがただの爽やかイケメンになってたのがイラッときましたがwwwwwww
(彼はやっぱり女装しているくらいがちょうどいい)

つるこは髪の毛切ってからダメだわとか思ってましたが、
ゆきあつ関連になるとめっちゃ可愛かった。早くゆきあつとくっつけ

総集編だから泣くもんか!と思っていたのに泣いてしまったのが悔しかったです。



次は舞台挨拶の感想。

時間は短かったかな?
時計見てなかったから正確な時間はわかりませんが30分くらいだった気がします。
最終話での台詞「めんまみーつけた!!」を会場の全員で言って茅野さんを呼ぶところからスタート

最初は新潟で美味しいものとかあんまりあの花に関係ないことを話したり。
お酒、ぽっぽ焼き、笹団子と色々出ましたが、イタリアンに一番驚いてました。

会場にあの花キャラのコスプレをしていた人に反応したり(ぽっぽのクオリティが凄かった)

最後のほうになって、やっと映画のはなしになりました
「テレビシリーズのあの花の雰囲気が壊れない素敵な映画になった。
映画でめんまちゃんが生まれ変わりして蝶になったり、
じゃがいもになったりするのは可愛いけど、ちょっと違う気がする。」
と茅野さんは色々と映画への思いを語っておられました・・・。

会場の人らに男女別で「みんなどのキャラが好きー?」と聞いていましたが
女性のお客さんには『じんたん、ゆきあつ、ぽっぽ』の中から誰?と聞いて
男性のお客さんには『めんま、あなる、つるこ』の中から聞くと思うでしょ?
茅野さんは男性にも男性陣から好きなキャラを選ばせるという┌(┌^o^)┐

これには笑いましたねwwww

ゆるっとした感じで進んだ舞台挨拶でしたが楽しかったです。
茅野さんが思ったより天然な方だな・・・と思いました。
あと写真で見るより美人さんで脚も細いし!!眼福でした。




監督が新潟出身で本当によかった・・・。
今度また長井監督が映画作ったら舞台挨拶こないかなー?




スポンサーサイト
[ 2013/09/04 23:12 ] イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ばりあ

Author:ばりあ
可愛い女の子が出てくるゲームが好き。

アクセスカウンター
最近やったゲーム
ゲームメーターに行きます
4月のゲームメーター


ゲームメーター
応援しています
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。