ゆきのしろ TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム感想 >  『俺たちに翼はない』感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『俺たちに翼はない』感想

oretsuba_mainVisual.jpg

これは"たとえば"の話だけど。
 僕らが君に語るのは、たとえばそんなメルヘン。



ネタバレしまくっている感想はしたからどうぞ








私のやってきたゲームの中で一二を争うレベルで好きです。
共通がものすごく長く、個別もそこそこ長いので全ルートクリアするのに時間がかかるんですが
眠くならず、ずっと楽しんでプレイできました。

テンポがいいしテキストから笑わせてくる。
一見ギャグ作品に見えるけれどけっこう奥深いシナリオ・・・
ゲームやる前にアニメ見たことあったんですが、やった後だと捉え方が全然変わりますわー

まずこの作品は多重人格モノ。
主人公は身体はひとつなんですがいくつもの人格があり、その人格たちは自分を持って生きている。
うまく言えないんですが私の理想の多重人格モノです!
人格一人一人に世界があって場所があって、人格はサブとかメインとかない・・・みたいな(うまく言えない

ヒロインを攻略するというかヒロインに攻略されている主人公たちwww
ヒロインを好きになることによってふわふわしていた主人公の存在がはっきりとして
消えてもいいと思っている主人公が改めて生きたいと思うシナリオ
どの主人公の話も感動しました。

では軽く各主人公√の感想


【羽田鷹志-ハネダタカシ-】
なんだこれぇ・・・自然と涙が出てくる・・・

妹(と主人公本人は思ってる)とはぎこちない、学校では軽くいじめにあっている主人公の鷹志くん
でもそれに対してイラついたり怒ったりすることができないんです。
とても優しい子なんですが、だからこそこの辛い世界に馴染むことができない。
鷹志くんは自分のことをグレタガルドの勇者だと思い、その世界に逃避することで自分を保っていた
彼の異常性に気がついたヒロイン渡来明日香、彼女と関わることによって彼は・・・

という内容をぐずぐずと書き綴ったのが一章。
さっきも言いましたが自然と涙が出てきます。
現実世界が辛すぎる。
もももも森里くんと高内さんやめてあげて!鷹志くんのライフはもうゼロというか、マイナスだよ!!
トラウマを刺激されて泣きました。こういうのあるある過ぎる。

こんな世界で唯一の光がヒロインの渡来明日香さま。
学園のヒロインで告白よけのために主人公と偽装恋人をしています。
明日香様は本当にいいところで現れてくれる。王子様かな?

√に入ると鷹志くんが頑張っている姿を見て周りが優しくなってくるんですよね
だんだん彼の良さを分かってくる。
共通での悲惨な扱いを思い出すともう涙がとまらくて・・・
羽田班大好きですよおおおお!!針生先輩最初は怖かったですけどもうほんとただのいい人でした。

明日香様との恋愛も微笑ましくてかわいい。
でも明日香様が強烈にデレるのは他人格のときという・・・それもこのカップルらしくて良い。
かっこいいヒロインと若干情けない主人公のコンビは大好きです。
最後の臭い台詞も鷹志くんらしくてよかったナー


【千歳鷲介-チトセシュウスケ-】
笑える。一章と打って変わってものすごく明るい。
この章が一番好きな人が多いんじゃないかな。

コミュ力高いけど心の奥では人と関わることを恐れている男が恋をして変わる。
ってな話が自分の好みでした。

鷲ちゃんは他ルートでもかっこよかったり可哀想な目にあったりする美味しい役回りですね~
主人公ズのなかで一番好きです。中の人のファンになっちゃいました。
日和子は正統派ツンデレヒロイン。融通が利かないしけっこう攻略が大変だろうなと思いきやちょろかったり。
鷲ちゃん大変な娘を好きになったなあ・・・とは思いましたがお似合いです。

二人を近づけたきっかけのアイドルグループ「フリッキー5」が思わぬ伏線だったのにびっくり。
あと、この章はフラグを折るのが心苦しい・・・いや、どの章もか


【成田隼人-ナリタハヤト-】
胸が高鳴る~話です。
ちょっと悪い感じの男とお嬢様という組み合わせが私の好みドストレート。
こいつら本当に少女漫画みたいな恋愛してんなーと恋愛に関してはにやにやしっぱなしでした。
告白シーンはほんと良い。あぁ^~これを諏訪部ボイスありでききたいんじゃ~

どの主人公の周りにも個性的なひとはいましたが
隼人くんの周りは特に頭が逝ってそうな個性的なひとがいましたねえ・・・
一番アレだったのは鳳翔くん、成田隼人編のヒロインである鳳鳴の兄であり
不良グループ?柳原フレイムバーズのボスをやってます。
彼はどうやら主人公たちの秘密を知っているようで、しかも何やら思惑が・・・
お前はホモか?!?ってレベルで隼人に関わってきます。

隼人くんの周りの人たちがよかったなー。
人間味あふれるというかなんというか、好きな人たちばかりだったので
夜の柳原から皆去ってしまうのは凄く寂しかったです。
でも皆いい方向に向かっていくみたいなのでいいのかなー・・・
ああファンディスクやりたい。



【伊丹 伽楼羅-イタミカルラ-】
彼は色々な人格の中でも異質。すごい性格してます。狂気を感じます。
担当が怒りなだけありますね、プチンとくると見境なく人に暴力を振りますし
普段は何言ってるか分からんし
彼が出てくると、途端にカオスになります・・・

傍若無人で、我こそは主人格にという!ひどい部分が目立つ彼ですが
どの人格よりヒロインの小鳩のことを大事に思っていると思うんですよ。

小鳩が泣きながらお兄ちゃん(本当の人格)に会いたいと言うと
さっきまで恐ろしいくらいにこだわっていた主人格の座をあっさりと譲る。
迦楼羅という人格が生まれたのは小鳩を守りたいという気持ちからなんだろうなーと私は思いました。

ヒロインは小鳩という発言をいたしましたが、小鳩はヨージのヒロインなんですなー
彼のヒロインを担当するのは・・・鳳翔くん!!
翔くんの思惑と言うのは迦楼羅と再開して遊ぶことだったのだ!
10年前に迦楼羅に出会ってから今までずっと迦楼羅と遊ぶことを夢見てたんですよね
迦楼羅と遊ぶためにフレイムバーズを作ったり、薬をやったり、涙ぐましい努力。
凄いヒロイン力なのにENDがないのはどうしてだッッ!!

やっぱり迦楼羅じゃ世の中に馴染めないし、
馴染んじゃ翔くんの好きな迦楼羅ではなくなってしまうからなんだろうな



【羽田鷹志-ハネダヨウジ-】
このルートはあんまり話すことがないなあ・・・
いっぱいあるんだけどいっぱいありすぎて何を言えばいいのという。
なぜ主人公が多重人格になったのか、主人公の過去など全てがわかります。

人格が融合した最初の頃、色んな人格が出ては引っ込み
コロコロと変わっていくのが面白いと共に凄く不安になりましたwwww
あとこのルートは小鳩より明日香様が超絶に可愛かった。
無自覚な恋愛感情ってすごくいいよね。しかし何故これを鷹志の前でやらないのか・・・

まああれですね、ずっとずっと帰りを待っていた小鳩が最後に幸せになれてよかった。


最後に、アニメ俺つばの話
アニメの終わり方は全ヒロインのフラグを建てて
本人格に戻ってハーレムエンドにしていましたが、あれ一番可哀想な終わり方だと思いましたよ・・・
ヒロインは小鳩以外、失恋状態じゃないですか!失恋が似合うのは明日香様だけなんですから
あと、ヨージ編の人格統合の初期段階のように人格は簡単にコロッと変わりそうだし今後が不安になります。

ですが、鷹志くんを説得する方法は原作より好きでした。
明日香様の泣きながらのグーでのタコ殴りは本当に感動します。
是非、アニメも面白いのであわせてどうぞ。



トゥルーエンドの感想が一番適当というwwww
書いてるうちにだんだん飽きてきたんですよねー

でもこの感想が今まで書いたゲーム感想のなかで一番長いですよ。
まとまりないのはいつものことなんで勘弁で。

ひこうき雲の向こう側が終わったので次はその感想を書こうと思ってます。
書くのが遅いのでいつになるのかわかりませんが・・・


スポンサーサイト
[ 2014/05/24 23:46 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ばりあ

Author:ばりあ
可愛い女の子が出てくるゲームが好き。

アクセスカウンター
最近やったゲーム
ゲームメーターに行きます
4月のゲームメーター


ゲームメーター
応援しています
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。