ゆきのしろ TOP  >  スポンサー広告 >  買い物 >  11月最後の

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11月最後の

楽しみにしてたものたちが発売と至りましてね、それを購入したので自慢したくなったのだよ!

securedownload11

まずはこれ

南條愛乃さんのファーストシングル『君が笑む夕暮れ』です

東京レイヴンズのED曲なんですが、これがまた作品とよく合ってていい曲なんですよ。
主人公とヒロインの関係が描かれた歌詞と南條さんの優しい歌声が・・・うん最高でした
カップリングは可愛い曲調で、歌詞はファンへ向けて描いたものらしいです。

あと、がたふぇす特典で南條愛乃さん直筆サイン色紙が付いてきました。


クンカクンカしたらちゃんと香水のいい香りがしましたよ^^
もともとこのCD買う気でいたんですがこんな特典があるなんてラッキーでした(´∀`)


BZuClCHIYAAXOnB.jpg

次はこれ

唐辺葉介さんの『電気サーカス』

この作家さんの本好きなんですが、これがまた人に勧められるような明るいはなしを書く方じゃないので・・・
今回も、いや今回はより一層人に勧めづらい内容でした。
あまりにも退廃的な雰囲気に最初は面食らいましたがそれに引き込まれるんですよね

唐辺さんの描く主人公とヒロインの爛れた関係や酷い生活がが好きなんですが
これもまあ酷いこと・・・ヒロインの真赤が自殺未遂しても穏やかに対応する主人公とか
自殺未遂やリスカをもはや日常、ゲーム感覚・・・なーんて生活の描写がおもしろくてしかたなかった。
主人公はどんどんどんどん悪い方向に落ちていったけれど最後には収まるところに収まって
唐辺さんの過去作『死体泥棒』『ドッペルゲンガーの恋人』『PSYCHE』のどの主人公よりこのあとまともに生きていけそう。
たとえ不幸でも元気に生きていけさえすればいいんだもの。

過去作の『死体泥棒』『ドッペルゲンガーの恋人』『PSYCHE』
とちょっと違うなというか刺々しくなったなと思ったこの小説ですが面白かったです。

はなしは変わりますが帯のホリエモン推薦!ってのに吹きましたwwww
服役中に読むにはあまりにも暗いはなしだと思うんですけど・・・あとドラマ化は色々無理だと思います・・・

スポンサーサイト
[ 2013/11/27 21:52 ] 買い物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ばりあ

Author:ばりあ
可愛い女の子が出てくるゲームが好き。

アクセスカウンター
最近やったゲーム
ゲームメーターに行きます
4月のゲームメーター


ゲームメーター
応援しています
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。